幸か不幸か、自分がこういうことをすることになるとは。。

私には大きな実家があり、そこに父方の祖父母と母親(父は他界)と妹たちが住んでいました。しかし、私が結婚したのち、母が「祖父母と一緒に暮らすのは苦痛である。従って、家を出たい。」と言い出しました。母は自分で仕事をしておりましたので、しばらくは実家の近くの、いつでも祖父母が倒れたらかけることができるところに一戸建ての賃貸を見つけて契約し、住み始めたのです。ただ、母も高齢で、自分の収入が一時激減して「ここの賃借料の負担が重い」というのは傍目にも伝わってきて、「それなら私がマンションを見つけて住宅ローンを組むから、そこに住んだらどう?」と提案し、住宅を購入することになりました。

物件価格がそんなに高くないのですが、マンションの場合、管理費と修繕積立がかかってくるので、多少きついと思ったことはあります。
節約のために、日々行っていることは、毎月予算を決めて収支管理するようにしていることです。あと、少しずつですが、繰上げ返済を無理のない程度に行っています。
大きな節約という意味においては、新聞やニュースで金利の動きを見ながら、銀行に借り換えを打診したりすることですね。

売却を検討したことはありません。それほどまで切迫していないというのもあります。また、心理的な抵抗もありません。

1)結婚した当初は二人なので、マンションを購入する時も将来的に家族が一人増えると仮定して4LDKの広さを選択するとします。しかし、実際私の周りの友人は子供が二人から3人生まれて、結局マンションは手狭であるし、一戸建ての方が駐車場も付いているし、住宅ローンの返済も楽だから(マンションよりも安く購入できたから)と、3年ほどでマンションを売り払い、一戸建てを購入したりしていますが、そういう家の買い方の方が、長期的に見て賢い方法なのでしょうか。

2)住宅ローンの返済については、1回で100万円を返済する方法か、12ヶ月毎月コンスタントに80000円ずつ繰上げ返済していく方法か、どちらが多く利息を減らせるのでしょうか。

3)家の売却については、中間業者(住友不動産など)に依頼して売却することになると思いますが、その場合、手数料が物件価格の3%プラス60000円ほどかかると記憶しています。また、媒介契約にも幾つか種類があると思います。そういう中間業者を挟まずに、自分でじかに買いたい人を見つけて契約することは、実際に可能なのでしょうか。

4)3に関連して、業者を挟んだ方が良いメリットとデメリットについて質問したいです。